« 教科をまたいで1学期の実践を交流(津山市立北陵中学校にて) | Main | 「活用型」授業のあり方 »

2009.08.06

「命がけの授業」

P1090959 その響きがロシア語のようだと言われる,盛岡にやってきた。市内の城北小学校で催された,放送教育の研修会に参加するためだ(日本放送教育協会等による「先生のための教え方教室-デジタル放送・ICT活用講座-」)。この研修会は,番組研究,模擬授業,番組活用プランの作成等のワークショップで構成される。今回は,社会科番組が題材となった。私とともにコーディネータを務めた,浅香さんが,『見える歴史』「北条時宗」を用いた,すてきな模擬授業を実施して,参加者に番組活用を誘ってくれた。
 その後,今度は,『日本とことん見聞録』と関連するクリップ等を用いる授業プランをグループで作成してもらった。番組とクリップを多用し,子どもに「未来のクルマ」を考えて発表させる構想を発表してくれたグループは,「これは,『命がけの授業』です。」とアピールしてくれた。たまには,そういう授業があってもよかろう。

|

« 教科をまたいで1学期の実践を交流(津山市立北陵中学校にて) | Main | 「活用型」授業のあり方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教科をまたいで1学期の実践を交流(津山市立北陵中学校にて) | Main | 「活用型」授業のあり方 »