« 『教育テレビ&ICT活用で授業力アップ』(改訂版)完成間近 | Main | 「授業レジリエンス力」を考える »

2009.09.01

低学力の子どもにはどのような授業がよいのか

 ある中学校で,学力向上について話題提供を行った。講演後出てきた質問の1つは,「低学力の子どもには,教科書の内容を上手に板書し,それを写すことが授業の主柱にならざるをえないのではないか」というものであった。それは,たとえ生徒に忍耐を強いたとしても,生徒に知識を注入すべきではないかという考え方に基づく。
 この考え方,ある意味では正しい。しかし,今日の中学生は,本当に耐えてくれるのか--。いくつかの教室を巡ってみると,そのようなトレーニングの意義を感じられずに,学びから離れてしまっているケースも目にする。そもそも,例えばペアトークやグループ学習における表現を通じて,つまり能動的な活動を経て,学習参加が促され,生徒の習得が促進されるとも思うのだが--。
 低学力の子どもに対しては,どのような授業が期待されるのか。私は,学力が低いからこそ,活動や活用を尊重する授業デザインを彼らは受け入れる(望む)とも考える。

|

« 『教育テレビ&ICT活用で授業力アップ』(改訂版)完成間近 | Main | 「授業レジリエンス力」を考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『教育テレビ&ICT活用で授業力アップ』(改訂版)完成間近 | Main | 「授業レジリエンス力」を考える »