« 香港でもきめ細かな授業 | Main | やっぱり家庭学習が大切 »

2009.09.25

よく練られた習得型の授業

 昨日に続き,香港のHKMA K S LO College(香港管理事業協会 羅桂祥中学校)の授業について紹介したい。写真は,第2学年の理科の授業である。音の伝導に関する内容であるが,教師も生徒も,英語でやりとりをしている。つまり,イマージョン教育である。この学校には,経済的には豊かでない家庭の師弟が通っているのであるが,小学校卒業時のテストの結果によって,英語による授業を繰り広げるクラス(数学,理科等)とそうではないクラスに分けると聞いた(1学年7クラスのうち,3クラスが英語による授業のクラス)。
P1100560 いずれにしても,授業は,よく練られた習得型ものである。まず,前時の内容の復習,そして本時の目標の確認,教科書を用いた基本的な考え方の説明,それを確認するための映像資料の活用(写真の様子),実感的な理解を図るための(グループによる)実験等である(この部分は,活用型授業に迫っている)。これが,40分で展開されるのだから,そのスピードにも驚かされる。

|

« 香港でもきめ細かな授業 | Main | やっぱり家庭学習が大切 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 香港でもきめ細かな授業 | Main | やっぱり家庭学習が大切 »