« 講義の授業評価の結果から | Main | 卒論ガイダンスにて »

2009.10.14

授業研究のアプローチについて考える

 本日,夕方,授業研究に取り組みたいという,某大学の研究者が相談にやってきた。その相手をしながら,授業研究のアプローチの多様性を自分でも再確認していた。自分自身も,最初は,授業設計や授業分析,授業の比較研究に従事していたが,今は,授業研究を通じた教師の力量形成,とりわけ,授業研究におけるリーダーシップの問題に研究的関心が移っていることを再認識した。しかし,いずれにしても,自分の持ち味は,数多くの学校現場に出かけ,多種多様な授業を見学し,それらの事例知識,それらを集約する授業モデルやカリキュラム・フレームワークを有していることであろう。

|

« 講義の授業評価の結果から | Main | 卒論ガイダンスにて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講義の授業評価の結果から | Main | 卒論ガイダンスにて »