« 運動会で子どもたちのきびきびした姿を見て(大阪市立長池小学校) | Main | 教育実習生を温かく見守っていただいて »

2009.10.06

事後協議会のスタイルを変えようとして(大山崎町立大山崎小学校)

 4日午後から長い時間高熱に悩まされ,薬を飲んでも効かず,5日の早朝を迎えた。まだ37度台(ただし,私の平熱は35度程度しかないので,これくらいの熱でもけっこう辛い)。5日に京都府大山崎町立大山崎小学校の授業研究会に参加する予定であったが,「今日はもう無理だ」と諦めかけていた。「20年以上,いろいろな学校の訪問を予定し,それを病気等のためにキャンセルにしたことは一度もなかったのに--」となさけなくなった。しかし,なぜか,7時を過ぎて熱が下がり,36度台へ。なんとか起き上がれるし,頭も重たくない。意を決して,学校に向かうことにした。
P1100915 大山崎小学校は,京都府教育委員会の「教師力向上」教育実践力継承事業に参画し,理科・生活科の授業づくりを中心にして,学力向上を図っている学校である。3時間目の研究授業,4・5時間目の全クラスの授業見学を経て,15時からの(研究授業に関する)事後協議会等に臨んだ。事後協議会は,これまではグループ協議を中心に展開していたが,この日はひとつの模造紙に全教員が気づきを記し,それを題材にして集団討議を繰り広げるスタイルを採用していた。運営面でさらに工夫が必要な点はあったけれども,一つのスタイルに固執することなく,様々なものに挑戦するスタイルには好感が持てた。それをさらに重ねていただくことを期待したい。
 協議会の最後にコメントを求められ,30分以上話していると,さすがに声が嗄れてきた。夕方は,5~6年ぶりに,病院にも行った。「喉風邪」との診断であった。とはいえ,診察前の検温では,なんと平熱の35度。我ながら,驚くほどの快復力である。

|

« 運動会で子どもたちのきびきびした姿を見て(大阪市立長池小学校) | Main | 教育実習生を温かく見守っていただいて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 運動会で子どもたちのきびきびした姿を見て(大阪市立長池小学校) | Main | 教育実習生を温かく見守っていただいて »