« またまた我が卒業生が研究授業でがんばる | Main | 成長する学校の研究発表会(三次市立三和小学校) »

2009.11.26

高等学校の授業の多様性

P1120595 大阪府内の2つの高等学校を訪問し,授業を見学した。このところ,高等学校の授業を見学する機会が増えた。それは実に多様であると思う。大学でもあまり見られなくなった,一方的な講義を目にすることもある。生徒が寝ていても,内職をしていても,まるで見なかったかのごとく,トークを続ける教師もいれば,写真は,ある生物の授業で,ウニの発生を電子顕微鏡で観察させ,それがどのような段階に至ったものかを判断させて,ワークシートに記入させているところである。音楽・美術・書道等の選択授業で生徒が真摯な姿勢で課題に取り組んでいる場合もあれば,学校設定科目で生徒がコンピュータでフォトレタッチを楽しんでいる場合もある。
 授業研究を実施する高等学校も少しずつではあるが,増加している。それが高等学校にも浸透し,授業改善を活性化する装置となりうるか。見守っていきたい。

|

« またまた我が卒業生が研究授業でがんばる | Main | 成長する学校の研究発表会(三次市立三和小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« またまた我が卒業生が研究授業でがんばる | Main | 成長する学校の研究発表会(三次市立三和小学校) »