« 活用型学力の育成に資する,言語数理運用科の教材 | Main | A4判2ページの指導案を作成するのは大変か »

2009.11.16

「重ね着」のデザイン(家庭科における活用型授業)

P1120074 京都府久世郡久御山町立久御山中学校で様々な授業を見学した。そのうちの1つに,家庭科における活用型授業があった。被服に関するものだ。教科書で,被服の歴史や衣類のデザインの効果(印象)を確認した後,教師は,子どもたちに,いくつかのテーマを設けさせる(明るい感じ,大人の雰囲気等々)。それをもとに,個々の子どもに,「重ね着」の色やデザインを考案させ,その妥当性を相互評価させていた。また,相互にテーマを与えさせ,それにマッチする服のデザインを構想させてもいた。この年頃の子どもたちは,自分が着ける衣服に興味津々だ。彼らは,楽しそうに,また,しっかりと,上記の活動に従事していた。

|

« 活用型学力の育成に資する,言語数理運用科の教材 | Main | A4判2ページの指導案を作成するのは大変か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 活用型学力の育成に資する,言語数理運用科の教材 | Main | A4判2ページの指導案を作成するのは大変か »