« 研究授業に臨む姿勢(尼崎市立七松小学校) | Main | 学校や教育委員会等からの依頼を受けながら »

2009.12.08

小学校の教師が学級担任として子どもに接するということ

 本日,大学の講義「教育実践の研究Ⅱ」で,個に応じた指導,とりわけ少人数指導や習熟度別指導について講じた。その概念を説明し,モデル化し,また事例を紹介した。受講生にこうした取り組みの是非をたずねたところ,小学校でも,こうした教育方法を採用することに賛成の意見が大勢であった。
 だから,私は,いわゆる「ゆさぶり」をかけた。彼らは,小学校の教員になることを夢見ている。だから,「あなたたちのクラスの半分の指導を他の人に任せることになってもいいですか」「あなた自身が算数の加配教師(専科教師)となって,学級を担任できなくなってもよいですか」と。特に後者の問いにぐっときたようだ。そこから,少人数指導等の光と影を多面的に掘り下げることができた。それほど,小学校の教師,そしてそれを志望している若者にとっては,学級担任として子どもに接することは,そのアイデンティティ形成に重要なのである。

|

« 研究授業に臨む姿勢(尼崎市立七松小学校) | Main | 学校や教育委員会等からの依頼を受けながら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究授業に臨む姿勢(尼崎市立七松小学校) | Main | 学校や教育委員会等からの依頼を受けながら »