« 学ばない教師からは,学ぶ子どもは育たない | Main | 学校を基盤とする学力向上アプローチの可能性と課題 »

2010.02.14

面接の想い出

 昨日と今日,本学の編入学試験に従事した。面接官を担当し,受験生の態度や考え方を評定することとなった。短い時間で人物像に迫るのは難しいが,それでも,同僚とともに,基準に従って評価を下した。
 受験生は,かなり緊張している。単純な質問でも,その意味を誤解したり,言葉に詰まったり,いろいろ述べようとして支離滅裂になったりする。それでも,一生懸命に自分を伝えようとする姿には好感を抱く。
 私自身は,あまり面接というものを経験したことがない。大学院に進学したので,学部卒業時には,いわゆる就職活動に取り組まなかった。だから,修士や博士論文の口頭試問以外には,大学に採用される際の模擬授業や研究に関するプレゼンテーションくらいだ(それで十分?)。面接の想い出が多い方ではない。大阪教育大学に採用される前に試みた模擬授業で,予定(10分)をはるかに越えても面接官が誰も「ストップ」と言ってくださらず,とうとうこちらから「いつまで続けるのでしょうか?」と問うたことが印象深いが,それくらいだろうか--。
 読者は,いかなる「面接の想い出」をお持ちだろうか?

|

« 学ばない教師からは,学ぶ子どもは育たない | Main | 学校を基盤とする学力向上アプローチの可能性と課題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学ばない教師からは,学ぶ子どもは育たない | Main | 学校を基盤とする学力向上アプローチの可能性と課題 »