« カナダ(オンタリオ)の「ことばの教育」 | Main | 学校改善プランを自校の特長を踏まえて考える »

2010.03.24

合い言葉は,「Bump it up(次を目指してがんばれ)!」

P1150403 トロント郊外のGrand Erie地区にある,North Ward Schoolの教師たちは,何度も何度も,「Bump it up(次を目指してがんばれ)!」というフレーズを用いて,自らの実践の特徴を語っていた。子どもたちにも,それを訴えていた。教室の掲示にも,それが目立つ。これは,昨日も紹介した,4段階の評価基準のレベル2からレベル3へ,レベル3からレベル4に向けてがんばろう(がんばらせたい)という理念を象徴する言葉である。
 これを体現するために,教師たちは,各レベルが満たすべき要件をルーブリックとして示し,さらに各レベルの典型例やレベル以降のためのコツ等を子どもたちに明示する。また,形成的な評価を行い,子どもたちの次なるレベルに向けた取り組みを促す。我々の視察チームも,これが,流行言葉となった。

|

« カナダ(オンタリオ)の「ことばの教育」 | Main | 学校改善プランを自校の特長を踏まえて考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カナダ(オンタリオ)の「ことばの教育」 | Main | 学校改善プランを自校の特長を踏まえて考える »