« 学力向上のプレッシャー | Main | 学力向上は,研修主任のアクションで »

2010.03.10

何ごともルーブリックで

 テネシー州メンフィス市西地域に位置する小学校,Idlewild Elemtary Schoolを訪ねた。学校長や研修主任へのヒアリングの後,全クラスを観察した。昨日記事に示したように,テネシー州は,新しい教育長の下,教育委員会も学校も,学力向上に腐心している。しかしながら,この小学校は,学力を広くとらえ,自尊感情等を高めることも,とても大切にしている。
P1150260 この学校は,メンフィス市内全域から子どもが通う,optional schoolであるが,そのため,子どもたちは,1)出席,2)行動,3)習慣について,評価される。写真は,「行動」に関するものであるが,そのための基準がルーブリックとして示され,それぞれの子どもの行動がそれに即して点検されていた。Eはexcellent,SはSatisfactoryといった具合である。何ごとにもルーブリックを用いるのが,この国の教育の1つの特色である。

|

« 学力向上のプレッシャー | Main | 学力向上は,研修主任のアクションで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上のプレッシャー | Main | 学力向上は,研修主任のアクションで »