« 行政研修における学びを校内研修に活かす | Main | 理想的で現実的な研究計画を »

2010.04.16

教師に関する研究の方法論を学ぶ講義

 前期の木曜日には,学部生を対象とする専門科目「教育学演習Ⅰ」も担当している。これは,教育学で卒論を作成しようとする学生に対して,教育学研究の方法論を会得してもらうことをねらいとするものだ。私は,教師研究の知見を解説したり,その問題の所在を映像記録等で示したりしている。そして,各問題に対する研究方法(文献研究,比較研究,事例研究,質問紙調査等々)を示唆し,その適用可能性を受講生に考察させている。さらに,それらを踏まえた,リサーチプロポーザルの作成と発表を講義のゴールに据えている。
 演習なのに,毎年20人近くが履修していたが,今年度は新たに設定された必修科目が同時間帯に開講されているため,履修者は7名であった。彼らは,前記必修科目を後期に履修するという。必修科目の履修を優先するのが通例なのに履修してくれた彼らのため,教師研究の方法論をしっかり吸収してもらえるよう,講義の内容・形式を工夫しよう。講義の予定は,こちら。「enshuu1.pdf」をダウンロード

|

« 行政研修における学びを校内研修に活かす | Main | 理想的で現実的な研究計画を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 行政研修における学びを校内研修に活かす | Main | 理想的で現実的な研究計画を »