« 教育委員会で働く指導主事の大変さ | Main | 自分たちが作成した事例集を活用して授業改善を »

2010.05.24

第87回なにわ放送教育研究会

 本日,NHK大阪で,第87回なにわ放送教育研究会が催された。今回は,我がゼミ生の佐藤さん(茨木市立東奈良小学校教諭)が,修士論文作成の一環として実施する,NHK学校放送番組『こどもにんぎょう劇場』を用いて,子どもたちの感性を培う実践の構想を発表した。「ふるやのもり」「ともだちくるかな」「てんぐのかくれみの」のそれぞれについて,登場人物の心情と音楽とのつながり,場面を効果的に表現するための効果音について気づかせる。「てんぐのかくれみの」については,さらに,お話の続きを考えて,それにマッチした音楽も構想する。細かい点はいろいろ改善が必要ではあるが,放送番組を用いた読解指導らしいデザインであるとは思う。

|

« 教育委員会で働く指導主事の大変さ | Main | 自分たちが作成した事例集を活用して授業改善を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育委員会で働く指導主事の大変さ | Main | 自分たちが作成した事例集を活用して授業改善を »