« 長い長い講義 | Main | 授業評価の難しさ »

2010.05.19

生活綴方は,今も?

 今日の講義「教育総論」で,無着成恭の『山びこ学校』を取り上げ,戦後の生活綴方による学びについて講じた。特に,それが登場した背景,その原則等について詳しく説明した。購入したDVDも一部視聴してもらった。その上で,あのようなアプローチは,今日,どのような意義を有しているか(いないか)について,受講生に検討してもらった。
 生活の現実,その厳しさは,あの時代と今では異なるという意見もあれば,いや,表面上は豊かになったように思えるが格差は激しいではないかという考えも登場した。議論の過程で,当時のすぐれた教育方法は,今なお,そのよさを適用できる部分と,現代流にアレンジしなければならない箇所があるという意見が,ある学生から示された。よいところに着眼してくれている。

|

« 長い長い講義 | Main | 授業評価の難しさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 長い長い講義 | Main | 授業評価の難しさ »