« 第87回なにわ放送教育研究会 | Main | 持つべきものは院生だ »

2010.05.25

自分たちが作成した事例集を活用して授業改善を

 守口市立橋波小学校の校内研修に参加した。同校は,思考力や表現力の育成を研究テーマにかかげ,それに迫るためのアプローチにICT活用を採り入れている。本日,第1回目の研究授業が行われ,それを題材にした事後協議会が催された。
 同校では,あらゆる教科・領域の活用型授業に,教師たちが分担して取り組んでいる。本日も,事後協議会の後に,私が,活用型授業に資するICT活用について話題提供し,それを踏まえて,教師たちが各教科の授業デザインを構想していた。
P1150800_2 その際に,写真のように,平成21年度に同校の教師たちが作成した,ICT活用の実践事例集が参照されていた。それは,研究の継続・発展を象徴するものである。こうした類の成果物は,研究紀要もそうであるが,作成しても誰も目にしないというケースも少なくない。しかし,それは,レポートを作ることが目的になってしまっている状態を意味する。それでは,困る。橋波小学校の教師たちのように,レポートの作成を通じて,また,それを再利用して,授業改善を図ることが望まれるのだ。

|

« 第87回なにわ放送教育研究会 | Main | 持つべきものは院生だ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第87回なにわ放送教育研究会 | Main | 持つべきものは院生だ »