« 自分たちが作成した事例集を活用して授業改善を | Main | 教員研修への熱意に関する地域格差 »

2010.05.26

持つべきものは院生だ

 昨夜は,M1の修論指導ゼミを催した。M1の学生には,修論のテーマに即して文献を収集してもらっているが,その状況を報告してもらい,さらに先行研究について調べる方針を確認した。
Img_0388 途中から,M2のゼミ生が乱入(?)してきて,私のお誕生日お祝い会(実際には23日だったが)となった。私を驚かそうと思って内緒で企画していたようである。ゼミが終わりそうにないので,M1のある学生が「どうしても帰らないといけないので途中で抜けさせてください」という演技をしてゼミを終わらせようとしたが,私がそれでもゼミをやめなかったので,あえなく途中でネタバレとなったようである。
 ありがたい話である。持つべきものは院生だ。彼らに,感謝の意を表した。もちろん,「そのエネルギーを修論の執筆にも注いでください」というコメント付きであったが。

|

« 自分たちが作成した事例集を活用して授業改善を | Main | 教員研修への熱意に関する地域格差 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分たちが作成した事例集を活用して授業改善を | Main | 教員研修への熱意に関する地域格差 »