« 持つべきものは院生だ | Main | 事後協議会における積極的な発言 »

2010.05.27

教員研修への熱意に関する地域格差

 教員研修への熱意に関する地域格差は激しい。子どもの学力に関する格差以上である。それをまた,ここ数日で再認識させられた。ある地域の教員研修では,仰せつかった講演のスタート時には,予定者の半分も来ていない。それから1時間の間に,遅刻者が続々とやってくる。悪びれる様子もない。私語をしたり,眠っていたりする人もいる。途中で席を立つケースも見受けられた。
 一方,ある地域では,開始予定時刻の数分前に,参加者全員がそろう。230人という数でも,そうであった。だから,講演は,3分前にスタートすることとなった。90分のほどの間,参加者は,私の話に熱心に耳を傾け,問いかけに答え,そして熱っぽく話し合う。
 何が,そうした違いを生み出すのか--。それは,変えられないものなのか--。謎は深まるばかりである。
 

|

« 持つべきものは院生だ | Main | 事後協議会における積極的な発言 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 持つべきものは院生だ | Main | 事後協議会における積極的な発言 »