« 名前が違っていても | Main | 明日は、私の研究授業? »

2010.06.07

ICT活用の日常化と多様化

P1160173 四日市市立小山田小学校に,再度出かけた。学校の研究主題は,「一人ひとりがいきいきと活動し,互いに学び合う授業の創造」である。この学校の教師たちは,そのための授業改善の手段として,ICT活用を取り入れている。本日も,4つの教室で,私が言うところの「ICT活用の基礎的効果」の様子を見せてもらった。あらかじめ見学の予定のなかった教室ものぞいたが,そこでも,同じような活用がなされていた。
 このように,この学校では,ICT活用は,既に日常化している。それを,どこまで多様化できるか。現状を点検し,次なるステップを構想してもらいたい。ICT活用の基礎的効果を極めるもよし,ICT活用の本質的効果や副次的効果にチャレンジするもよし。要するに,それぞれの教師のICT活用のレパートリーが増えればよいのである。そうすれば,自ずと,学校としてのICT活用のそれも増すのであるから。

|

« 名前が違っていても | Main | 明日は、私の研究授業? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 名前が違っていても | Main | 明日は、私の研究授業? »