« 研究推進チームががんばる(京都府久御山中学校) | Main | カリキュラム・リーダーシップとPLCに関する研究発表 »

2010.07.02

大学院生の修論用の研究授業を見学に行く

 6月・7月は,実践研究にて修士論文を作成する大学院生が,そのための研究授業を実施することが多い。6月と7月に,それを見学に行った。学校研究の研究授業とは異なり,いわゆる講師ではない。1時間に5つも6つも授業を見なくてもよい。1つの授業をじっくり,検討できる。協議会にて,気を遣いながらコメントする必要がなく,率直に批評できる。
P1150901 ある院生は,読書活動に異学年の交流を重ねる授業プランを構想し,実践した(写真)。また,別の院生は,昔話の読解を学校放送番組の視聴,とりわけBGMへの注目によって深める授業を実施してくれた。いずれも,提案性のある,またよく工夫された授業を創造してくれた。修論のよき材料になるだろう(授業のデザインや記録,評価結果等を上手にまとめねばならないが)。

|

« 研究推進チームががんばる(京都府久御山中学校) | Main | カリキュラム・リーダーシップとPLCに関する研究発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究推進チームががんばる(京都府久御山中学校) | Main | カリキュラム・リーダーシップとPLCに関する研究発表 »