« うちの学生はよく学ぶ(講義「教育総論」のテストで) | Main | 多様な意見を受け止める姿勢を有する教師たち »

2010.07.29

距離に負けずに大学院で学ぶ

 我が大学院(大阪教育大学・大学院教育学研究科・実践学校教育専攻)に,三木市から通学している大学院生がいる。彼は,教育の情報化に関するマネージメントやリーダーシップについて,修士論文を作成する予定である。
 本日,三木を訪れて,それから,キャンパスに戻って講義を実施した。想像以上に,時間がかかった。高速道路を利用して,往復で4時間ほどである。深夜に高速道路を走行するのは疲れるし,夕方の渋滞も辛い。彼は,それだけの時間とエネルギーを費やして本学に通っている。しかも,私のように単発ではない。毎週4日くらい,そうした努力を重ねているわけだ。その向学心には,頭が下がる。そして,それに応えるべく,修論指導を充実させなければならないとあらためて思った(もちろん,これまでにも,一生懸命やってきたつもりではいるが)。

|

« うちの学生はよく学ぶ(講義「教育総論」のテストで) | Main | 多様な意見を受け止める姿勢を有する教師たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« うちの学生はよく学ぶ(講義「教育総論」のテストで) | Main | 多様な意見を受け止める姿勢を有する教師たち »