« 就実大学の集中講義「教育方法論」第3日目 | Main | 就実大学の集中講義「教育方法論」第5日目 »

2010.08.26

就実大学の集中講義「教育方法論」第4日目

 就実大学での集中講義「教育方法論」4日目は,幼稚園・小学校教員の免許の取得を希望する学生だけを対象とする4コマ。新しい幼稚園教育要領の特徴,幼小中の連携,放送教育の伝統と新しい取り組みについて,講じた。
P1130317 幼小中連携のパートで,小1プロブレムの問題にふれ,その対策として,NHK学校放送番組「できた できた できた」を紹介した。「整理整頓」がトピックの回を視聴させ,それが,自分のため,仲間との人間関係維持のため,そして社会生活で必要となるためのものであることを番組が上手に描いていると解説した。
 さらに,午後は,放送教育の理論と実践を紹介し,「ピタゴラスイッチ」「しぜんとあそぼ」「見える歴史」を視聴させ,番組の特徴を解説した。それにしても,先日の現職教員研修に加えて,教員志望学生にも,たっぷりと番組の存在をアピールしているのだから,NHKが表彰してくれるかも?

|

« 就実大学の集中講義「教育方法論」第3日目 | Main | 就実大学の集中講義「教育方法論」第5日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 就実大学の集中講義「教育方法論」第3日目 | Main | 就実大学の集中講義「教育方法論」第5日目 »