« 修士論文の作成は,1年目が勝負の分かれ目だから | Main | 就実大学の集中講義「教育方法論」第2日目+α »

2010.08.23

就実大学の集中講義「教育方法論」第1日目

 岡山の就実大学での集中講義「教育方法論」が始まった。5日間の長丁場だ。ここでの非常勤講師は,もう15年くらいになる。今回の受講生たちがまだ小学生にもなっていない時代から,続けていることになる。
P1130251 集中講義の2コマ目は,ソクラテスからブルーナーまで,欧米の教育方法の歴史をまとめたマップを解説した。 3コマ目の授業は,授業実践事例の分析である。欧米の教育方法の歴史に関するマップを糧にして,ある授業の特徴を浮き彫りにする。 4コマ目は,我が国の戦後60年の教育方法の変遷を螺旋モデルにまとめて解説した。午前中はしんどかったが,コマを重ねるに従って,元気になってきた。語りや問いかけも調子づいてきた。18時前に終わったが,この勢いならば,あと2コマくらいはできたかもしれない。

|

« 修士論文の作成は,1年目が勝負の分かれ目だから | Main | 就実大学の集中講義「教育方法論」第2日目+α »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 修士論文の作成は,1年目が勝負の分かれ目だから | Main | 就実大学の集中講義「教育方法論」第2日目+α »