« 遠くから来て,研究会で学ぶ | Main | 自らの放送教育実践の軌跡を振り返る »

2010.08.10

模擬授業で放送教育の本質に迫る

 今日も,国立オリンピック記念青少年総合センターにて,第14回視聴覚教育総合全国大会・第61回放送教育研究会全国大会が催されている。本日は,団体別分科会である。放送関係は,全放連による貴重提案の後,模擬授業,それを題材とするパネルディスカッションが繰り広げられた。
P1170266 模擬授業では,千代田区立九段小学校の竹下教諭が,「日本とことん見聞録」と連動するデジタル教材を活用した,「これからの食料生産」に関する授業を,20人の子ども役の教師を相手に実施した。
 パネルディスカッションでは,それを題材にして,学校放送番組利用の今日的意義,デジタル教材の利用に関する可能性と課題について,模擬授業をもとに,詳しく,また多面的に検討した。

|

« 遠くから来て,研究会で学ぶ | Main | 自らの放送教育実践の軌跡を振り返る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 遠くから来て,研究会で学ぶ | Main | 自らの放送教育実践の軌跡を振り返る »