« 研究紀要を大切に(尼崎市立七松小学校) | Main | 教師のライフヒストリー研究の醍醐味 »

2010.09.25

日本教師教育学会第20回研究大会で発表

 本日から2日間,日本大学文理学部で,日本教師教育学会第20回研究大会が開催されている。午前中,第8分科会「教員研修」において,国立教育政策研究所の千々布先生と共同で,「校内研究の現状と課題に関する分析-全国の小中高等学校に対する調査の結果を踏まえて-」というタイトルで発表した。同研究所が実施した,校内研究に関する全国調査(小中学校1000校ずつ,高等学校500校)の回答傾向をまとめ,それを踏まえて,小中高等学校における校内研究の現状と課題を整理した。例えば,小学校の校内研究の企画・運営については,その「構造化」,例えば,研究テーマの多元化が期待されるといった点を指摘した。

|

« 研究紀要を大切に(尼崎市立七松小学校) | Main | 教師のライフヒストリー研究の醍醐味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究紀要を大切に(尼崎市立七松小学校) | Main | 教師のライフヒストリー研究の醍醐味 »