« 「自分づくり」を進める生活科・社会科の授業 | Main | 日本教育工学会第26回全国大会第1日目 »

2010.09.17

平成22年度関東甲信越放送・視聴覚教育研究大会(神奈川・横浜大会)

 平成22年度関東甲信越放送教育研究大会が11月5日(日)に,横浜の都筑区の学校等を会場にして催される。私は,午前中の「教育メディアの活用による『豊かな学力』の育成」と題する講演を仰せつかっている。また,午後の茅ヶ崎小学校を会場にして催される分科会でも助言者となる。
P1180301 その事前研究会として,茅ヶ崎中学校と茅ヶ崎小学校を訪問した。特に,後者では,2つの授業を見学し,学校のスタッフ全員による授業研究会に参加した。そこでは,NHK学校放送番組の利用について,多面的な議論が繰り広げられた。私は,それを踏まえて,学校放送番組の利用やICT活用による授業改善の可能性,その事例等について解説した。自分が調査研究プロジェクトで,その制作を提案した,小1プロブレム対策を標榜する番組『できた できた できた』を利用した授業を始めて見学することができた。NHKの制作者たちが番組のコンセプトや構成等をよく練っているので,小学校の1年生たちは,集中して番組を視聴し,生活・学習習慣を見直そうとしていた。

|

« 「自分づくり」を進める生活科・社会科の授業 | Main | 日本教育工学会第26回全国大会第1日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「自分づくり」を進める生活科・社会科の授業 | Main | 日本教育工学会第26回全国大会第1日目 »