« ハルピンの料理がおいしい | Main | 第62回北海道放送教育研究大会(11月28・29日) »

2010.09.06

鳴門教育大学特色GPプロジェクト編『教育実践の省察力をもつ教員の養成』(協同出版,2010年)

 大学のプロジェクトで報告するために,鳴門教育大学特色GPプロジェクト編『教育実践の省察力をもつ教員の養成』(協同出版,2010年)を読んだ。同大学が平成19年度から進めてきた,特色GPの成果をまとめたものである。このプロジェクトの柱は,以下のとおりである。
(1)教育実践力の中核を授業実践力ととらえ,その能力を評価する客観的な尺度となる「授業実践力評価スタンダード」を開発する。
(2)「授業実践力評価スタンダード」を枠組みにして「教育実践学を中核とする教員養成コア・カリキュラム」を実践し評価する。
(3)授業実践力評価スタンダードと「知の総合化ノート」及び授業実践映像データベースとを組み合わせて,学生が自己の教育実践力を診断し,職能開発の到達点と課題を明確にできるシステム(教育実践力自己開発・評価システム)を構築する。
 同大学の教員養成カリキュラムの再構築が,「授業実践力評価スタンダード」の開発によって促されたことがよく分かる。

|

« ハルピンの料理がおいしい | Main | 第62回北海道放送教育研究大会(11月28・29日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハルピンの料理がおいしい | Main | 第62回北海道放送教育研究大会(11月28・29日) »