« 第36回全日本教育工学研究協議会全国大会(上越大会) | Main | 1学期の実践を振り返り2学期のそれにつなげる »

2010.09.28

大学院の講義「教職ファシリィテーター論」では

 本日は,朝から研究室で,後期の講義の準備をした。卒論・修論ゼミを除いて,学部3コマ,大学院2コマの担当である。後者は,「教職ファシリィテーター論」と「教育プロジェクト研究」である。「教職ファシリィテーター論」では,校内研修・研究の理論とモデルを学び,受講者は,それをもとにして,所属校の次年度の研修・研究計画を策定し,発表し,相互評価する。拙著『教師が磨き合う学校研究』がテキストとなる。以下のような構成だ。校内研修・研究に関して,これほどていねいに学ぶ講義はそう多くはないと自負している。
第1回:講義内容・方法に関するオリエンテーション
第2回:校内研修・研究の歴史や国際比較
第3回:校内研修・研究のサイクル
第4回:校内研修・研究の企画・運営(1学期)
第5回:校内研修・研究の企画・運営(夏休み)
第6回:校内研修・研究の企画・運営(2学期)
第7回:校内研修・研究の企画・運営(3学期)
第8回:校内研修・研究のすぐれた事例1
第9回:校内研修・研究のすぐれた事例2(ポスター発表)
第10回:所属校等の校内研修・研究の現状分析
第11回:所属校等の校内研修・研究の現状報告及び相互評価
第12回:所属校等の2010年度の校内研修・研究プランの作成1
第13回:所属校等の2010年度の校内研修・研究プランの作成2(レポート作成)
第14回:所属校等の2010年度の校内研修・研究プランのポスター発表と相互批評
第15回:予備

|

« 第36回全日本教育工学研究協議会全国大会(上越大会) | Main | 1学期の実践を振り返り2学期のそれにつなげる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第36回全日本教育工学研究協議会全国大会(上越大会) | Main | 1学期の実践を振り返り2学期のそれにつなげる »