« 大学院の講義「教職ファシリィテーター論」では | Main | 思考力・表現力の育成にICT活用を位置づける(幸崎中学校) »

2010.09.29

1学期の実践を振り返り2学期のそれにつなげる

 広島県山県郡安芸太田町立戸河内小学校の校内研修に参加した。同校の教師たちは,「いきいきと学び,力をたくわえ,高まりあう授業の創造-視聴覚機器の有効活用を通して-」をテーマにして,授業改善を図っている。
P1180685 先日,同校から写真のような資料が届いた。これらは,各人が研究授業を実施し,事後協議会の議論や助言者のコメントを踏まえて,その改善指導案を作成したものである。また,授業研究の取り組みを研究部が集約し,共通課題を導出し,そしてそれを踏まえて各人が2学期の授業改善計画を策定したものである。
 授業づくりを個人が省察し,それを学校として組織的に整理し,それをもとにして各人が自身の授業づくりを発展させるプランを作成するという,授業改善のPDCAサイクルが確立している。そういえば,いくつかのデータを収集して,共通課題の導出に活かしてもいた。児童数が100人にも満たない,山間の小さな学校で,授業改善が着実に進んでいる。次に訪問して,次のステップアップを見てみたい。そう思わせる,授業研究文化の豊かな学校である。

|

« 大学院の講義「教職ファシリィテーター論」では | Main | 思考力・表現力の育成にICT活用を位置づける(幸崎中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大学院の講義「教職ファシリィテーター論」では | Main | 思考力・表現力の育成にICT活用を位置づける(幸崎中学校) »