« 第62回北海道放送教育研究大会(11月28・29日) | Main | 大学祭の「勉強会」企画 »

2010.09.08

授業研究の進展(尼崎市立七松小学校)

 本日,尼崎市立七松小学校の校内研修会に参加した。同校の教師たちは,「自ら考え共に学び続ける子ども」という研究テーマを掲げて,実践研究に着手している。国語科において,プロジェクト型の学習を展開し,子どもたちの思考力の育成に努めている。本日は,第1学年の子どもたちが,夏休みの思い出発表会において,発表者に対しておこなう質問の技を増やそうとしていた。
P1170822 教師たちは,同時に,授業研究のスタイルの工夫,その多様化にも努力を傾注している。授業に関する気づきを様々な手法で表明し,また,それを複数のアプローチで整理している。本日は,司会者がイニシアチブを発揮して,あらかじめ論点を定めて,子どもたちの思考の質,それを促す文脈づくりや環境設定について,スタッフ間で意見が交換された。同校の授業研究の進展には,大きな期待が寄せられる。
 同校は,12月1日に自主公開研究会を開催する。そこでは,全学年の授業が公開され,ブースが設けられる形式の事後協議会が設定されている。参加すれば,得るものが多いだろう。

|

« 第62回北海道放送教育研究大会(11月28・29日) | Main | 大学祭の「勉強会」企画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第62回北海道放送教育研究大会(11月28・29日) | Main | 大学祭の「勉強会」企画 »