« 国語科における活用型授業の展開 | Main | 英語活動の実践研究(岸和田市立常磐小学校) »

2010.10.02

卒論ゼミOBが初任教師としてがんばる

 昨日訪問した大阪市立中央小学校には,昨年度,私のゼミに所属し,卒論を作成した,卒論ゼミOB生が所属している。せっかくの機会だから,校内研修としての研究授業に先立って,彼の4年生算数の授業を見学した。教材研究が甘い部分もあったが,子どもたちを学習に集中させ,しっかりと考えさせる授業づくりが(それなりに)実現していた。それは,彼が学級経営を大切にして,子どもと信頼関係を築いていることを基盤とするものであった。
P1180897 当該学級の子どもたちは,担任の先生たる,もとゼミ生が大好きだから,私にも興味津々。子どもたちには,「担任の先生の先生」というのは,すぐには理解できない関係のようだが,「一緒に給食を食べよう」と誘ってくれた(座席も勝手に決められた)。だから,子どもの自慢話に耳を傾けたり,やはり子どもと給食をともにした栄養教諭等の食育クイズに答えたりして,お昼休みを過ごした。
 昨年度も,一昨年度の卒論ゼミOBの研究授業を2つ見学することができた。この卒論ゼミOBのフォローアップ,可能な限り続けるつもりだ。

|

« 国語科における活用型授業の展開 | Main | 英語活動の実践研究(岸和田市立常磐小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国語科における活用型授業の展開 | Main | 英語活動の実践研究(岸和田市立常磐小学校) »