« 「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか」(日本教育方法学会第46回大会のラウンドテーブル) | Main | 『学校における実践研究を充実させるために-その企画・運営を学ぶハンドブック-』の改訂を講義で改訂する »

2010.10.11

中学校における学力向上に関する研究発表会(尼崎市立園田中学校)

 秋になると,小中学校の研究発表会が増える。研究指定校としての発表もあれば,自主公開もある。そのうちの1つに,尼崎市立園田中学校の研究発表会がある。11月15日(月)の午後,3つの授業の公開,それに基づく協議,そして私のミニ講演というプログラムで構成される。
 この学校は,3年間,文部科学省指定の「確かな学力の育成に係る実践的調査研究」に着手した。そのテーマは,「基礎基本を定着させ、考える力を育てる~意欲を引き出す授業と家庭学習の習慣化を目指して~」である。同校では,各教師が,子どもたちの学力向上に向けて,授業改善に取り組んできた。3年間,地道にそれを続けてきた。それゆえ,研究発表会に参加すると,参加者は,中学校における授業改善の取り組みの過程と成果,さらなる課題を具体的・多面的に検討できるであろう。そして,それを材料にして,自校の学力向上アプローチの発展について考察できよう。

|

« 「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか」(日本教育方法学会第46回大会のラウンドテーブル) | Main | 『学校における実践研究を充実させるために-その企画・運営を学ぶハンドブック-』の改訂を講義で改訂する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「大学研究者は授業研究にどのように関わっているのか」(日本教育方法学会第46回大会のラウンドテーブル) | Main | 『学校における実践研究を充実させるために-その企画・運営を学ぶハンドブック-』の改訂を講義で改訂する »