« 学校園長の学ぶ姿勢も様々だ | Main | 前回の協議会の意見を生かして授業を創る »

2010.10.27

学校長と研究主任のリーダーシップ(大阪市立味原小学校)

 大阪市立味原小学校を訪問した。この学校は,本年度,大阪市教育センターが企画する,授業力アップサポート事業のモデル校の1つである。
P1190493 本日,第5学年の国語科の研究授業の後,参加型で協議がおこなわれた。その際には,あるグループに配属された学校長が書記役を写真のように果たしていた。そのような形で,学校長が率先してグループワークに取り組み,民主的なリーダーシップを発揮していた。
 一方,研究主任は,研究授業実施者に,研究授業の指導案検討や事後協議会から得たもの,さらなる課題等をレポートにまとめるようリクエストし,授業研究会による学びの進展を促すという,実践的リーダーシップを駆使していた。また,彼女自身が,大阪市教育センターの研究報告書のレポートから授業評価シートの項目を作成していた,つまり研究主任としての学びを充実させていた。

|

« 学校園長の学ぶ姿勢も様々だ | Main | 前回の協議会の意見を生かして授業を創る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校園長の学ぶ姿勢も様々だ | Main | 前回の協議会の意見を生かして授業を創る »