« 小1プロブレムの構造をどう把握するか-- | Main | 府立支援学校リーディングスタッフ実践協議会 »

2010.10.24

授業づくりをめぐる,語りと探究のコミュニティ

 本日は,卒論ゼミをおこない,各人の進捗状況を報告してもらうとともに,今後の手順を確認した。後半,昨年度卒論を私のゼミで仕上げたOBもやって来て,現役ゼミ生にアドバイスを送ってくれた。
P1130387 また,このOBが先日実施した授業を私とある現役ゼミ生が見学していたので,その写真を用いて,当該授業のデザインや改善策について,自由に意見を交換した。
 このようにして,年度をまたいでゼミ生がつながり,そのネットワークが拡充している。換言すれば,授業づくりをめぐる,語りと探究のコミュニティが成長している。それは,充実感を味わえる,やりがいのある営みである。

|

« 小1プロブレムの構造をどう把握するか-- | Main | 府立支援学校リーディングスタッフ実践協議会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小1プロブレムの構造をどう把握するか-- | Main | 府立支援学校リーディングスタッフ実践協議会 »