« デジタル教材開発活用セミナー(1月8日) | Main | 学びに真摯な姿勢で取り組む高校生 »

2010.11.15

学力向上のためのPDCAサイクルのよきモデル

 11月15日(月)の午後,尼崎市立園田中学校で,4つの授業の公開,それに基づく協議,そして私のミニ講演というプログラムで,研究発表会が催された。
P1200535 この学校は,3年間,文部科学省指定の「確かな学力の育成に係る実践的調査研究」に着手した。そのテーマは,「基礎基本を定着させ、考える力を育てる~意欲を引き出す授業と家庭学習の習慣化を目指して~」である。同校では,各教師が,子どもたちの学力向上に向けて,授業改善に真摯な姿勢で,取り組んできた。その足跡が研究報告の文書にまとめられ,そして口頭でもプレゼンテーションされた。「なんでもよいからやってみる」段階から始まり,授業目標の明確化や家庭学習の充実を図る段階を経て,同校の教師たちは,今年度は言語活動の充実等にもチャレンジしている。
 園田中学校の師たちは,「学力向上のためのPDCAサイクル」を繰り返しながら,授業のレパートリーを増やしてきたのである。そのプロセスは,他の中学校の教師たちのよきモデルとなろう。

|

« デジタル教材開発活用セミナー(1月8日) | Main | 学びに真摯な姿勢で取り組む高校生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« デジタル教材開発活用セミナー(1月8日) | Main | 学びに真摯な姿勢で取り組む高校生 »