« 学ぶ教師文化の維持・発展 | Main | 謹賀新年! »

2010.12.31

今年も卒論修論の点検で年を越す

 多くの大学教員にとって,年末年始はとても忙しい時期だ。卒業論文や修士論文の指導が佳境を迎えるからだ。私の場合,年内に論文の草稿を出してもらい,年明けに,その構成の見直しや文章の加除訂正を指示する。今年の担当は,卒論6人,修論4人である。したがって,点検する文章は,A4サイズの用紙で,800ページ近くになろう。今年も,卒論修論の点検をしながら,除夜の鐘を聞くことになった。大学教員である以上仕方のないことであるが,彼らの文章の1つひとつに訂正案を記していくのは,実に時間のかかる作業である。

|

« 学ぶ教師文化の維持・発展 | Main | 謹賀新年! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学ぶ教師文化の維持・発展 | Main | 謹賀新年! »