« 学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダーのためのハンドブックの開発 | Main | ゼミ生OBも指導案を作成してがんばる »

2011.01.24

中学校教師たちの学び合い(幸崎中学校)

 広島県三原市立幸崎中学校を訪ねた。同校は,パナソニック教育財団(旧松下教育研究財団)の第36回(平成22年度)実践研究助成の「特別研究指定校」である。「『思考力・表現力』を高める授業の創造~学習集団の育成を通して~」という研究テーマをかかげ,それらの能力を育成するためのICT活用に取り組んでいる。
P1220365 本日,数学,英語等の授業を拝見させたもらった。それぞれ,教師たちがしっかりと準備して,そしてきめ細かく指導する姿が印象的だった。一斉指導において,ICTを名脇役として上手に活用していた。
 加えて,研究授業でもないのに,その時間に授業を担当していない教師たちが教室を訪れ,熱心にそれを見学し,当該授業の特長と課題をメモしている姿に感心させられた。この学校のICT活用は,それほど長い歴史があるわけではない。しかしながら,上述したような,学び合う姿勢が同校のICT活用をさらに成熟させることは間違いあるまい。

|

« 学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダーのためのハンドブックの開発 | Main | ゼミ生OBも指導案を作成してがんばる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダーのためのハンドブックの開発 | Main | ゼミ生OBも指導案を作成してがんばる »