« 実践研究を発展させるために(尼崎市立七松小学校) | Main | 学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダーのためのハンドブックの開発 »

2011.01.22

日本教育工学会の理事の卒業まで,あと半年

 本日は,日本教育工学会の理事会の日であった。ほぼ2月に1回催される,この理事会に,この8年間,かなりの程度,出席してきた。理事会出席だけでなく,担当することになった委員会(大会企画委員会,企画委員会)のマネージメントに私なりに時間とエネルギーを注いできた。
 来る6月に,2期8年の任期が終わる。教育工学会の理事は,再任は2期までと決まっているので,理事を無事(?)卒業することになる(2年経つと再任可となるが)。ここ4年間は,大会企画委員会委員長,企画委員会委員長を拝命し,1年中なんらかのアクションや意思決定が必要になり,気が休まる時がなかった。もちろん,私以上に学会に貢献なさっている方も多いので,決して自慢できるような活躍をしているわけではないが,それなりにがんばってきたと,自己評価したい。
 でも,そういえば,まだ,冬の合宿研究会,産学協同セミナー,そして総会シンポジウムと,企画委員会の活動はずいぶん残っている--。

|

« 実践研究を発展させるために(尼崎市立七松小学校) | Main | 学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダーのためのハンドブックの開発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実践研究を発展させるために(尼崎市立七松小学校) | Main | 学校を基盤とするカリキュラム開発を推進するリーダーのためのハンドブックの開発 »