« 次年度の実践研究に向かって,その構想を練る | Main | これから英国へ »

2011.02.26

修了生たちが語る

 本日夕刻,我が大学院実践学校教育の修士課程2年次の学生,そのうちの教職ファシリィテーターコースの学生たちと食事会を催した。彼らは,皆,現職教員である。2年間,昼間は授業等を行いながら,夜間に大学院で学んだ。先日,修士論文の公開審査を終えたばかりだ。
 2年間の学び,その意義,その成果,今後の展望などを語ってもらった。おおむね,本学における学びが彼らの教師としての成長に資するものであったと述べてくれた。「これが終わりではなく,始まりだ」という,彼らの気持ちに応えるために,これから,私も,OB研究会などを催して,彼らの学びの継続・発展をサポートしようと思う。さっそくOBメーリングリストを構築し,情報交換に備えることとなった。

|

« 次年度の実践研究に向かって,その構想を練る | Main | これから英国へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 次年度の実践研究に向かって,その構想を練る | Main | これから英国へ »