« 授業研究の実施時期も,学校の研究力を示す | Main | 校園内研究担当者の研修会でテーマ別グループを構成 »

2011.02.14

実践研究の振り返りの時期

 大阪市立東中学校を再々度訪問した。この学校は,本年度,大阪市教育センターが企画する,授業力アップサポート事業のモデル校の1つであり,教師たちは授業改善にいそしんでいる。
P1230127 彼らは,6月,11月と授業公開週間を定め,授業評価シートを活用して,授業の相互評価に努めてきた。本日は,自身の授業改善の成果と課題を総括し,交流するとともに,学校研究の企画・運営に関する意見交換もおこなわれた。各教師と学校組織の2つの次元で実践研究を総括できた。その中から,「実践レポートを作成すべきではないか」という声も登場した。また,私が「授業改善に向けた,『合い言葉=研究テーマ』を設定し,教科をまたいだ授業改善グループを構成するとよいのでは」とコメントすると多くの教師たちがうなづいていた。この日の研修会は,授業改善によい振り返りになったと思う。同校の次年度の実践研究の発展が楽しみである。

|

« 授業研究の実施時期も,学校の研究力を示す | Main | 校園内研究担当者の研修会でテーマ別グループを構成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業研究の実施時期も,学校の研究力を示す | Main | 校園内研究担当者の研修会でテーマ別グループを構成 »