« 教師たちの自主的な学びの充実(氷上情報教育研究会) | Main | 中学校教師たちのチャレンジの蓄積(広島県三原市立幸崎中学校) »

2011.02.21

まるで自分の母校のような感覚を抱く小学校

 大阪市立長池小学校に出かけた。午後の校内研修において,本年度の研究のふり返りをサポートするとともに,次年度の研究の可能性を示唆した。夕方から夜にかけては,同校の学校評議員会に出席して,学校評価の案についてコメントした。
 私は,長池小学校区に住んでいるわけではないし,同校の卒業生でもない。けれども,学校評議員を4年にわたって務め,その過程で,運動会や学習発表会を見学したり,PTA役員や地域住民の方と接する中で,まるで自分の母校のような感覚を抱くようになった。学校長の退職とともに,今年度末で学校評議員を解職されることになるだろうが,長池小学校の発展を祈念しているし,同校の実践研究を直接的・間接的に支援していきたい。

|

« 教師たちの自主的な学びの充実(氷上情報教育研究会) | Main | 中学校教師たちのチャレンジの蓄積(広島県三原市立幸崎中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教師たちの自主的な学びの充実(氷上情報教育研究会) | Main | 中学校教師たちのチャレンジの蓄積(広島県三原市立幸崎中学校) »