« NHK学校放送番組の教材としての独自性とその生かし方(第97回なにわ放送教育研究会) | Main | 首都師範大学のスタッフに迎えられて »

2011.03.30

またまた中国へ

 今,関西空港である。これから,中国・北京に向かう。今月2度目の訪中だ。首都師範大学の招聘で,同大学等で,授業研究と教師の成長やICT活用に関する講義・講演をおこなう。彼の大学のスタッフが,大阪教育大学大学院の私の講義「教職ファシリテーター論」を見学して,授業研究について講演をおこなってほしいとリクエストしてきた。でも,その時はほとんどお話もしていないので,果たして,現地で何が企画されているのか,よく分からない。少々不安であるが,まあ,なんとかなるだろう。

|

« NHK学校放送番組の教材としての独自性とその生かし方(第97回なにわ放送教育研究会) | Main | 首都師範大学のスタッフに迎えられて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« NHK学校放送番組の教材としての独自性とその生かし方(第97回なにわ放送教育研究会) | Main | 首都師範大学のスタッフに迎えられて »