« アセスメントはやはり教師の手で | Main | 帰国の途に »

2011.03.08

教師たちのサークルタイム

P1240282_2 ロンドン東部のElm Park Primary Schoolでは,毎週月曜日放課後に,教師たちがミーティングを催している。我が国の職員会議とは少々趣が異なる。写真のような様子である。極めてフレンドリーであった。彼の地には,子どもたちが親和性を高めるために輪になって活動をするサークルタイム」という活動が定着しているが,教師たちも,それに習っている。このスタッフミーティングの企画・運営は誰が担当するのかを学校長に問うたが,そのトピックによって異なるという回答も得た。学校長が主催する場合もあれば,それを副校長や教諭が担当することもあるし,学校外のコンサルタント等がその責を負うこともあるそうだ。我々が追究している,カリキュラム・リーダーシップの3側面(「民主的」「管理的」「創造的」),その展開装置たるPLC(Professonal Learning Communities)とそのネットワーク化の具体例の1つを確認できたように思った。

|

« アセスメントはやはり教師の手で | Main | 帰国の途に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アセスメントはやはり教師の手で | Main | 帰国の途に »