« 全国放送教育研究会連盟との関わり2 | Main | NHK学校放送番組の教材としての独自性とその生かし方(第97回なにわ放送教育研究会) »

2011.03.28

また異動の季節がやってきた

 先週から,教員等の異動の知らせがいくつか届いている。長く教育センターに勤務した知り合いが学校長になったり,学校研究で活躍している研究主任が教育委員会指導主事になったりと届く知らせは様々だ。本人が喜ぶケースもあれば,そうではないケースもある。
 学校現場の教師たちには,勤務先を選ぶ権利は(ほとんど)ない。古い知り合いの中には,「さあこれから教材開発,授業研究に力を注ぐぞ」と意気込んでいたら,その年度の終わりに異動により教育委員会のスタッフとなり,二度と研究授業を実施することができなくなった教師もいる。けれども,その方は,長い教育委員会勤務時期を終えて学校長として赴任した学校で,そのカリキュラム開発等の取り組みを成熟させた。現在も,教育センターの非常勤スタッフとして研修講座の企画・運営役を担っている。学校を離れる教師たちには,当該教師のように,教育委員会等の勤務経験を自らの教育実践力の糧としてもらいたいと思う。

|

« 全国放送教育研究会連盟との関わり2 | Main | NHK学校放送番組の教材としての独自性とその生かし方(第97回なにわ放送教育研究会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 全国放送教育研究会連盟との関わり2 | Main | NHK学校放送番組の教材としての独自性とその生かし方(第97回なにわ放送教育研究会) »