« パディントンにて | Main | 英国の小学校でも言語活動の充実が目指されている »

2011.03.02

英国の学校長のがんばり

 今日から1週間ほど,英国の学校等を訪問する。まず今日は,エクセターのNewtown Primary Schoolを訪問した。レセプションから5-6年(この学校のクラスは,基本は複式学級)まで,5クラスしかない小さな学校だ。
P1230810 学校長のエスコートでいくつかの教室を見学したが,この学校長,どの教室でも自然に子どもたちに関わることができる。すごいなと思っていたら,彼女は,なんと毎週金曜日には1-2年生のクラスを1日指導するという(日本ではありえないが,このクラスの学級担任は週4日しか勤務しないそうだ)。道理で,教諭としての精神やふるまいを失っていないわけだ。もちろん,この学校長は,例えば施設設備の充実等の学校改革にもエネルギーを注いでいる。英国の学校長のがんばりには,いつも驚かされる。なお,この学校には,副校長も雇用されていないそうで,その役割も彼女が果たしているらしい。

|

« パディントンにて | Main | 英国の小学校でも言語活動の充実が目指されている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パディントンにて | Main | 英国の小学校でも言語活動の充実が目指されている »