« 一斉指導のあり方を再考する | Main | 学校長が研究主任を兼ねる »

2011.03.04

Talk Maths(数学的に語る)

P1240181 エクセターからブリックスハムに移動し,彼の地のBrixham C of E Primary Schoolで,2つの算数の授業を見学した。いずれの授業も,教師が,一斉指導の中で課題や教材の多様化を図って,子どもの学びを促し,支えていた。そして,課題の提示や解法の解説等に,ICTが位置づけられていた。
 なお,第6学年の子どもたちは,確率について学習していたが,その中で,指導者が「Talk Maths(数学的に語る)」ことを強調していたのが印象的であった。計算をしたり,問題を考えたりするだけでなく,それらの過程や成果を友人等に言葉豊かに語ることを指導者は求めていたのである。そのため,指導プランにおいても,当該時間で用いるべき語彙が記され,評価規準が子どもに期待される「発言」の形で設定されていた。

|

« 一斉指導のあり方を再考する | Main | 学校長が研究主任を兼ねる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 一斉指導のあり方を再考する | Main | 学校長が研究主任を兼ねる »