« 1回生も教職についてよく考えている,大したものだ | Main | 本を出版するということの重み »

2011.04.29

卒論の要件

P1130925 本日は,休日にも関わらず,卒論ゼミを催した。1月から始めたゼミは,前半戦の山場を迎えている。ある学生は,はやインタビュー等を実施するといった段階に至っている。また,ある学生は,卒論全体を貫く論理を導出しかけている。
 個々の学生に対してアドバイスを送りつつ,私は,なんらかの意味での提案性(新規性)=常識を越えた知見,実践的有効性=学校現場の営みに有用である,そして実現可能性(9ヶ月後には成果をまとめることができる)といった,要件を再確認した。

|

« 1回生も教職についてよく考えている,大したものだ | Main | 本を出版するということの重み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1回生も教職についてよく考えている,大したものだ | Main | 本を出版するということの重み »