« 授業改善と校内研修の企画・運営についてしっかり考える | Main | 台風接近中の卒論ゼミ,そしてその後-- »

2011.05.28

持続するPLCの特徴

 カリキュラム研究に関する研究会で,Kristine Kiefer Hipp and Jane Bumpers Huffman(Eds.)(2010)Demystifying Professional Learning Communities. Rowman & Litterfield Publishersを輪読した。これは,専門的な学習共同体(Professional Learning Communities)の成立と発展について実証研究の結果をもとに論じた書物である。
 第5章で,PLCが「持続」している状態について,その開始や展開の時期との対比表が提示された。私たちにとっては,3段階は質的に異なる特徴を有するべきだと考えるが,筆者らは,比較的,量的な,例えば参画する教員の数が増えるといった指標で,段階性を語っていた。ただし,PLCが持続している状態では「学校外の組織とのネットワーク」が構築されているという叙述があり,私たちが昨年来追究しているPLCのネットワーク化を通じたカリキュラム実践の発展に関して,それが妥当なものであることを再確認できた。

|

« 授業改善と校内研修の企画・運営についてしっかり考える | Main | 台風接近中の卒論ゼミ,そしてその後-- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業改善と校内研修の企画・運営についてしっかり考える | Main | 台風接近中の卒論ゼミ,そしてその後-- »