« 髙谷哲也編著『教師の仕事と求められる力量』(あいり出版,2011年) | Main | 手書きで住所をたくさん記して-- »

2011.05.05

集中力とレジリエンス

 本日午後は,テニススクール主催のイベントに参加した。ゲームばっかり練習会というもので,ダブルスの試合をパートナーや対戦相手を変えて,繰り返す(なんと,13時から19時までで,各人が20試合をこなす)。1試合は4ゲームで,しかも各ゲームは15オールから始めるという短期決戦の連続だ。だから,集中力がまず必要とされる。同時に,ミスを犯しても,次のポイント,次のゲーム,次の試合と気持ちを切り替えると,好成績が残る。獲得ゲーム数で第2位(19名が参加)となったが,それは,上述した,集中力とレジリエンスによるものであろう。
 しかし,問題があるとすれば,肉体的な疲労が回復しない危険性があることか--。明日になってみないと分からないが--。

|

« 髙谷哲也編著『教師の仕事と求められる力量』(あいり出版,2011年) | Main | 手書きで住所をたくさん記して-- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 髙谷哲也編著『教師の仕事と求められる力量』(あいり出版,2011年) | Main | 手書きで住所をたくさん記して-- »