« 21世紀型学力を育む放送学習 | Main | 指導主事や教育指導員も学ぶ »

2011.05.16

山間の小学校の教師たちの豊かなコミュニケーション

 広島県山県郡安芸太田町立戸河内小学校を再度訪問した。同校の教師たちは,昨年度から,「いきいきと学び,力をたくわえ,高まりあう授業の創造-視聴覚機器の有効活用を通して-」をテーマにして,授業改善を図っている。
P1250239 今日も,2つの研究授業が実施され,それぞれについて,参加型協議がおこなわれた。各授業に関する協議は25分ほどであったが,すべての教師から,たくさんの意見が示され,授業の特徴とさらなる可能性が検討された。同校の教師たちの授業づくりをめぐるコミュニケーションは実に豊かである。
 同校の教師たちは,毎学期,研究授業を実施し,事後協議会の議論や助言者のコメントを踏まえて,その改善指導案を作成している。また,ICT活用に関して,その主体,機器(ソフト),用いる場面・目的等を整理した「視聴覚機器活用集」を作成している。
 同校は,10月14日(金)に,研究発表会を催す。全クラスで授業が公開され,3つの分科会が設定される。その後,私のコーディネーションで,模擬授業を題材とするワークショップが催される。確かに交通の便のよくない地域にある学校だが,それを克服しても訪ねる価値があろう。

|

« 21世紀型学力を育む放送学習 | Main | 指導主事や教育指導員も学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 21世紀型学力を育む放送学習 | Main | 指導主事や教育指導員も学ぶ »