« 9年間放送教育の自主勉強会を続けて(第100回なにわ放送教育研究会) | Main | 卒論作成の第二の山を越える »

2011.06.25

実践し,省察するコミュニティ(福井大学大学院教育学研究科教職開発専攻)

P1260251 本日,福井大学を訪問した。同大学大学院教育学研究科教職開発専攻(いわゆる教職大学院)が催す,ポスターセッション,シンポジウムやラウンドテーブル等に参加するためだ。そのテーマは「実践し,省察するコミュニティ」であり,専門職としての教師の実践力をどう培うか,教師たちが学び合うコミュニティを大学がいかに支えるかといった点で,報告や意見交換が企画・運営された。
 福井の教師たち,教育行政のスタッフ,そして福井大学の教職大学院のスタッフたちは,専門職たる教師の学びについて,その考え方を成熟させ,そしてそれに基づいて研修や研究を充実させている。教師をめぐる専門的な学習共同体の成立と発展という点において,非常にすぐれたケースである。ただ,地域性や大学の規模があまりにも違いすぎて,福井スタイルを大阪の地で,あるいは大阪教育大学がそのまま実践することはできまいが--。

|

« 9年間放送教育の自主勉強会を続けて(第100回なにわ放送教育研究会) | Main | 卒論作成の第二の山を越える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9年間放送教育の自主勉強会を続けて(第100回なにわ放送教育研究会) | Main | 卒論作成の第二の山を越える »